• トップ > 
  • 備前焼について知りたい

備前焼とは

窯元

備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。
焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって七〜十昼夜かけてじっくり焼き締めた硬質の炻器(せっき)が備前焼です。
一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。

備前焼の歴史

伊部南大窯跡

備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで生活用器の碗・皿・盤や瓦など南大窯跡が生産されたのがその始まりといわれています。

鎌倉時代には、主に壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。

室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるようになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られたのです。

その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制が整いました。
一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになります。
これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。

明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが、そのような時にも窯の火は絶えることなく様々な努力は続けられました。
この衰退した備前焼を現在の繁栄に導くきっかけを作ったのは金重陶陽でした。金重陶陽は昭和31年に国の重要無形文化財保持者(人間国宝)に指定され、これをきっかけに多くの人々が努力を重ね低迷期を脱しました。
またこの頃から国内だけでなく、 海外でも純日本的な備前焼の人気が高まり、陶陽の死後も、藤原啓、山本陶秀、藤原雄、伊勢崎淳と人間国宝を輩出していくようになりました。

現在では伝統的な作風に加え、個性豊かな作品に至るまで作家や陶工によって一点一点作られ続けています。

備前焼の土

備前焼の原土は伊部周辺の地下にある粘土層で「ひよせ」といいます。採土できる所は極わずかで貴重です。
作品の種類、作家の好みで山土を混ぜて使うこともあります。
ひよせは、粘りが強く耐火度は低く、陶土としては鉄分が多いです。釉薬を使わないだけに、備前焼では土に神経を使います。土づくりは、作家にとって重要な仕事です。

  • 備前焼の土
  • 備前焼の土
  • 備前焼の土

備前焼の多彩な景色(種類)

窯変(ようへん)

窯変(ようへん)

窯床に置いてある作品が炭に埋もれ、直接炎があたらないことと、空気の流れが悪いことが相まって還元焼成(いぶし焼きの状態)になったために生じる窯変で、ネズミ色・暗灰色・青色等に発色します。


胡麻(ごま)

胡麻(ごま)

松割木の灰が焼成中に作品に付着し、胡麻をふりかけたような状態になったものをいいます。作品の多くは、灰が多くかかる棚の上に置かれ、降りかかった灰が熱で溶けて流れた状態のものを”玉だれ”といいます。今では、自然胡麻の他に人為的に胡麻を出すため灰を焼成前に作品に付けて焼くこともできるようになりました。


棧切り(さんぎり)

棧切り(さんぎり)

近代では自然棧切りの他に人為的に棧切りを出すために、木炭の科学作用を応用し、窯焚きを止める直前に大量の木炭を投げ入れ、棧切りを作る方法(炭棧切り)も行われています。


緋襷(ひだすき)

緋襷(ひだすき)

本来は大きな作品や「サヤ」の中に入れられた作品がくっつくのを防ぐため、ワラを間にはさんだり巻いたりして焼いたものであり、ワラの成分と粘土の鉄分が科学反応をおこし、緋色の線が現れたものをいいます。
今では、電気窯で焼成することも多くなりました。

窯の種類

登り窯

斜面に焼成室が連なった連房式の窯。松割り木で1週間から2週間かけて焼く。紫蘇色や緋襷、桟切、胡麻などの窯変が取れる。

登り窯

登り窯


穴窯

初期の単房式登窯。斜面に仕切りのない筒状の窯。飛び胡麻、かせ胡麻や緋色が出やすい。

穴窯


併用窯・角窯

単窯。ガスなどで高温にしてから松割り木を焚く。2、3日で焼き上がるが、登り窯に近い窯変が取れる。


電気窯・ガス窯

部屋が1つの単窯。緋襷、かけ胡麻が取れる。灰がないので、他の窯変は取れない。

備前焼の七不思議

七不思議その1

1投げても割れぬ、備前すり鉢

備前焼は、釉薬をかけず、裸のまま、約2週間前後1200度以上の高温で焼き締めるため、強度が他の焼き物に比べると高いレベルにあります。それがゆえに、昔から「投げても割れぬ・・・」と言われるようになりました。


七不思議その2

2冷たいビール、温かいお茶

備前焼は内部が緻密な組織をしているために比熱が大きくなります。そのため保温力が強く、熱しにくく冷めにくくなります。


七不思議その3

3きめ細かな泡で、うまいビール

備前焼には微細な凹凸があり発砲能力が高いことから、泡はきめ細かく泡の寿命が長いことから香りを逃がさないのでより美味しく飲むことができます。


七不思議その4

4長時間おくと、うまい酒に

備前焼の内部に微細な気孔があるため、若干の微細な通気性が生じます。 これにより、酒、ウィスキー、ワインの香りが高くまろやかで、こくのある味に変身を促します。


七不思議その5

5うまい料理が食せる

備前焼は、他の焼き物に比べ表面の小さい凹凸が多いため、食物が皿肌に密着しないので取りやすく、又水分の蒸発力が弱いので乾燥を防ぎます。


七不思議その6

6花瓶の花が長もち

備前焼には微細な気孔と若干の通気性があるため、長時間生きた水の状態が保たれ花が長もちします。


七不思議その7

7使うことで、落ち着いた肌ざわり

備前焼の表面の微細な凹凸が、より使い込むことにより角が段々と取れ、使えば使うほど落ちついた味わいを増します。


※感じ方には個人差があります。

備前焼の製作工程

備前焼の製作工程

ページの先頭に戻る